男性 育毛剤

男性の薄毛の原因について

薄毛、抜け毛に悩む男性は非常に増えています。

 

薄毛対策としてかつらや植毛のサービス、ヘアサロン、
薄毛や抜け毛予防を謳ったシャンプーやトニック、育毛剤など種類は多岐に渡り、商品も多く存在します。

 

 

薄毛予防をする場合にあまり考えられていないのが、薄毛の原因についてです。
病気などでも同様ですが、原因を特定し、それにあった対策を行わなければ効果は得られません。

 

 

今回は、薄毛の原因と育毛剤の種類について書いていきます。

 

 

 

 

まず一つ目の原因は、男性ホルモンです。最近テレビCMなども行われていますが、「AGA(男性型脱毛症)」と言われるものがこれにあたります。
男性ホルモンが抜け毛に大きく影響を及ぼしています。

 

男性ホルモンは2型5αリダクターゼと呼ばれる酵素の影響を受け、DHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。
DHTは毛乳頭内で男性ホルモンレセプターと結合し、退行誘導因子を生み出します。

 

 

この退行誘導因子こそが抜け毛の原因となります。
この退行誘導因子を発生させないようにするためにDHTの生成を抑制する育毛剤が増えています。

 

 

二つ目は、頭皮の皮脂づまりがあります。
皮脂が毛穴を詰まらせることで、頭髪の育成を妨げたり、抜け毛を妨げたりします。
油分の多い食事や洗髪が十分でないことなどが原因です。皮脂を抑える成分を配合したシャンプーなどを使用することで改善することができます。

 

 

市販の石油系界面活性剤を使ったシャンプーは洗浄力が強いので、薄毛の方は使わないほうがいいです。
皮脂を抑えるにはアミノ酸シャンプーがお勧めです。

 

頭皮が皮脂で汚れた状態だと育毛剤の効果が減退しますので、そういった意味でも重要です。

 

 

 

ストレスと薄毛の関係

ストレスが原因の薄毛の場合には、そのストレスがなくなれば髪の毛は徐々に元の状態に回復します。

 

 

長時間労働、短時間の睡眠などはストレスの最も大きな原因となります。
また、人間関係や経済問題、将来の不安などもストレスのなります。

 

 

ですがストレスを受ける環境から抜け出せない場合には、自律神経のバランスが崩れます。
その結果、交感神経が優位となり、血管が収縮して栄養が十分に届かなくなってしまいます。
さらに、細胞の働きも弱くなり、髪の毛の成長力が弱くなります。

 

 

まずはリラックス出来る時間、しっかりと睡眠をとることが最も重要です。
ストレスは長期間続くと、体に様々な変化が現れてしまいます。

 

 

 

ストレスを解消する日常生活を送りつつ、大事なのが育毛剤の使用です。

 

 

年齢に関係なく育毛剤の力を借りて頭皮への栄養補給を行う必要があります。
ですが注意しなければいけないことがあります。

 

 

育毛剤は刺激や血管の拡張によって一時的に血流を促進させる目的で作られたものでなく、栄養補給を目的とした育毛剤を使う方が賢明です。
刺激が強すぎたり、においが強すぎる育毛剤はかえって逆効果になります。

 

 

育毛剤の目的は、髪の毛にコシがなくなってきた時や、白髪が出てきたといった老化現象があらわれた時に栄養補給をするために使うものです。
ストレスなどが原因で、抜け毛や脱毛といったトラブルがある場合でなければ、使用するものではありませんし、またその必要もないのです。

 

 

一人で悩んでいないで、自分の心と体に耳を傾けて、自分でできる方法で薄毛を改善することが最良なのです。
薄毛になったことで外出ができなくなる人もいますが、薄毛自体をストレスにしてしまうと、今より悪化してしまいます。

 

 

工夫次第で気持ちの切り替えをしてみるのが一番です。例えば帽子をかぶるなどすればあまり気にならないことが多いものです。

薄毛対策と男性育毛剤の選び方

薄毛に悩むというときには育毛剤が選択肢に入ります。
薄毛の原因はヘアサイクルの乱れにあります。成長期を引き延ばす事が最も重要です。

 

薄毛の原因となるDHTを抑制するために、
特殊酵素5αリダクターゼの働きを阻害するノコギリヤシなどを配合したサプリも人気です。
育毛剤とサプリがセットになったブブカなどが非常によく売れています。

 

 

基本的には毛母細胞の活動を促せばよいということになるのですが、
その為にはタンパク質などの栄養をしっかり摂り、血流を改善して毛乳頭にしっかり補給してやる必要があります。

 

 

 

 

 

毛穴にある毛乳頭からFGF(発毛促進シグナル)が生成され、
毛母細胞の分裂活動が活発になり、髪の毛は成長します。

 

 

育毛剤、M-1育毛ミストなどに含まれる加水分解酵母エキスなどは
毛乳頭内の細胞を活性化する働きがあります。

 

 

また、皮脂等による毛穴づまりも薄毛の原因となります。
頭皮の皮脂が過度に分泌されていると、細菌が発生してカユミ、フケ、炎症などを引き起こします。
育毛剤には抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウム、保湿作用のある植物エキスが含まれています。

 

 

頭皮を洗うシャンプーにも気を使う必要があります。市販の石油系界面活性剤は皮脂の過剰分泌の原因にもなります。
アミノ酸シャンプーなら、頭皮を優しく洗い、十分に温めて毛穴を開き、皮脂を適度に落として、フケやかゆみを抑える効果があります。

 

 

 

そうして頭皮をクリアな状態を作ってからにしたほうが育毛剤はしっかりと浸透します。
洗髪後に頭皮をしっかり乾かしてから育毛剤を使用します。

 

 

それから指の腹を使って頭皮にシワを作るように下から上に上げるようなマッサージをすれば
血流が良くなり、効果的です。

 

 

自分にあった育毛剤選びについて

育毛剤と一口に言っても、その効果にはさまざまな違いがあり、
そう言った効果の違いも考慮することによって、商品の性質を十分に理解して育毛剤選びで失敗しないようになります。

 

 

 

育毛剤の効果としては抜け毛対策や育毛効果を期待して購入する人が多いと思いますが、
髪の毛を育てると一言で言ってもさまざまなアプローチの方法が存在し、そのアプローチの数だけ育毛剤の種類も存在しているのです。

 

 

 

育毛のアプローチの方向性としては、頭皮の血行を良くして毛根や周辺細胞に栄養を送るタイプの育毛剤と、
ホルモンバランスを調整して新陳代謝を活発にするなどの方法によって、自然な状態で髪の毛を育てる効果のある育毛剤など、
その育毛に対するアプローチの手段と言うものは多種多様です。

 

 

ほとんどの育毛剤には血行促進作用はあります。
センブリエキス、ニンジンエキス、酢酸トコフェロールなどが有名です。
これらの成分は頭皮の血管を拡張し、血流量を増やすことで栄養分を毛根に届けます。

 

 

 

後はホルモン系の育毛剤です。
男性の抜け毛のほとんどは男性ホルモンが関与しています。
男性ホルモンが毛乳頭内でDHTに変化し、ヘアサイクルが短縮化します。

 

 

男性ホルモン系の育毛剤ではノコギリヤシを配合したタイプがおすすめです。
多くはサプリメントに配合されています。

 

 

 

 

 

 

育毛剤は体質によって効果の違いと言うものが少なからず存在するので、
利用者の体質に配慮した育毛剤を使用するというのも、より効率的な育毛方法を実践するためにも必要なことでしょう。

 

 

 

効果が高いことで有名な育毛剤を選ぶことも選択肢としては正解かもしれませんが、
自分の目的に合ったアプローチを行う育毛剤をちゃんと調べて購入するというのも、育毛剤選びにおいて正しい選択なのかもしれません。

更新履歴